bフレッツとadslの関係は?

インターネット関連でよく聞く単語にブロードバンドという言葉があります。
ブロードバンドを日本語に訳すると「広帯域」と言う意味になります。
これをインターネットに当てはめて考えると、データーを送受する道路(帯域)が広いので短時間に大量のデーターの送受信ができる回線ということができます。
実際にどのくらいの速さからブロードバンドというかという定義は定かではありませんが、1Mbpsを越えるスピードから呼ばれることが多いようです。
通信速度の発達は、パソコン通信のアナログ時代から発達していきISDNで64kbps、ADSLで1,5Mbps以上、Bフレッツで10Mbps以上なのでADSL以上をブロードバンドと言って良さそうです。
月額料金はADSLが電話器共用型だとADSLが安いですが、ADSL専用型だとBフレッツと大差がないようです。
引越の際のブロードバンド回線工事